发帖 回复
返回列表

1楼 今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

小编昨晚一时睡过头,原本定于12点起床去抢各种特价,没想到一觉醒来已经是早上7点
立马打开电脑,点击购物车。30分钟,把购物车清扫一空,哈哈那个感觉太爽了。
购买的东西足足买到宝贝的2整页啊,妈妈们,你们都败家了吗
给宝宝添置玩具和衣服了吗,大家都来晒晒成果吧。

淘宝的伟大成果,有你的一份吗。大家都来晒单喽。
u=4143465380,3967527863&fm=11&gp=0.jpg
u=4143465380,3967527863&fm=11&gp=0.jpg

2楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

本帖最后由 轩轩妈009 于 2013-11-11 20:35 编辑 去年11.11买了不少吃的,衣服,鞋子宝宝书本。今年没有买 多少 。比较镇定。

3楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

本帖最后由 轩轩妈009 于 2013-11-11 20:34 编辑 就9.9衬衫,枕头6元等。
QQ截图20131111202919.png
QQ截图20131111202942.png
QQ截图20131111203409.png

4楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

哇,好镇定的妈妈呀。我自叹不如啊

5楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

没败 呵呵

6楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我没买,出差了。晕死

7楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

2013.11.11我贡献了50.7,老公买了鱼线贡献了23元

8楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

宝宝保险费要交12000元,我们经济紧张了,不敢买也没有什么要买的,所以今年最省的双11。

9楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我好像贡献了105元,79败了一双过膝靴子,26败了一件白色棉服(肯定不是羽容的)都还没到货。
家里的花了200多败了些吃的,被我骂了一通
给宝宝9.9败了一双靴子,太大,已经到货了。
另外,给妈妈买了个南极人,38的,这个真心不划算,双11之前,南极人19.9包邮,抢了1套,后来23包邮的,抢了2套,双11,一下子全部变成59-69的了,还抢不到。结果,12号那天看到38的,买了一套。

10楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我也淘了不少,大概10单左右,快递来了也一大半了
知足常乐、快乐每一天!

11楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我买了1000左右的东东 呵呵 

12楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我买了1000左右的东东 呵呵  小珺妈 发表于 2013-11-15 17:34
买了不少哦

13楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我贡献了,给老公买了3条裤子,自己买了两条打底裤,还有一个油脂机

14楼 回复:今天你败家了吗?----淘宝的350.19亿你贡献了多少?

我都没有花钱,总觉得双11是提高了价再卖。哈哈哈,钱也挣的少,所以也没有去花钱。

15楼 ytuttyrrt呵呵呵呵

辉南县小姐确实找全套服务【新到美女185s8877s1727小惠】拿起您手中电话【185s8877s1727小惠】酒店上-门
はガラスをとんとん、と叩いた。直子が振り返った。その顔つきは最近には珍しく柔らかいものだった。ああそうだ、こいつの本来の表情はこういうものだったんだ、と平介は思った。
  しかし直子がその顔を见せていたのも长い时间ではなかった。彼が立っているのを见ると、咲きかけた蕾がそのまましおれるように表情を沈ませた。
  平介は扫き出し窓を开けた。竹轮を食べていた猫が、警戒するように身构えた。
  「どこの猫だ」と彼は讯いた。
  「知らない。この顷时々迷い込んでくるの」
  平介が声を出したからか、猫は生け垣を通り抜けて出ていってしまった。食べかけの竹轮だけが枯れた芝生の上に残った。
  直子はサンダルを脱ぐと、平介の脇を抜けるようにして部屋に上がった。手元に残っていた竹轮をティッシュにくるみ、卓袱台の上に置いた。
  「スキーのことだけど」平介は乾いた唇を舐めていった。「行ったらどうだ」
  直子は身体の动きを止めた。戸惑ったような止め方だった。平介のほうを振り返った彼女は眉间をかすかに寄せていた。「えっ?」
  「スキーツアーだよ。案内が来てただろ。参加すればいいんじゃないか」
  直子は不思议そうな表情をして彼の顔をしげしげと见つめた。
  「どうして急にそんなこというの?」
  「行けばいいと思うからだ。行きたいんだろ?」
  「気まぐれでいってるの?」
  「そうじゃない。本当にそう思うんだ」
  直子は瞬きを何度かし、视线を斜め下に落とした。平介の真意を探っている顔だった。
  彼女は改めて彼を见上げた。首を振った。
  「行かない」
  「どうして?」
  しかし彼女は答えない。能面のような顔をして、和室を出ていこうとした。その後ろ姿に平介は呼びかけた。「藻奈美」
  直子の足が止まった。激しく动揺しているのが、上下する肩の动きでわかった。彼女は振り向いた。目が真っ赤に充血し始めていた。
  「なぜ……」と彼女は呟いた。
  平介は扫き出し窓を闭めた。彼女のほうに向き直った。
  「长い间、苦しめて悪かった。今、俺がいえるのは、それだけだ」
  すまなかった、と彼は立ったまま头を下げた。
  世界が止まったような気がした。すべての音が消灭したようだった。だがそれも一瞬のことだった。やがて彼の耳に様々の音が入り込んできた。车の通る音、子供の泣き声、どこかの家のステレオの音。
  その中に、ひっひっとしゃっくりをするような音が混じっていた。彼は顔を上げた。直子が泣いていた。頬に几筋もの涙の线ができていた。
  「藻奈美……」と彼はもう一度呼びかけた。
  彼女は両手で顔を覆い、廊下に出た。そのまま阶段を駆け上がった。ばたん、と强くドアを闭める音が闻こえた。
  平介は膝から崩れるように座り込んだ。胡座をかき、腕组みをした。
  目の端で何かが动いた。见ると先程の猫が庭に戻っていた。芝生の上に残された竹轮の破片をおいしそうに食べていた。
  どうってことはない、と平介は思った。一つの季节が终わっただけだ。
  夕方部屋に闭じこもった直子は、夜になっても出てこなかった。心配になって平介は何度かドアの前まで行ってみた。そのたびにすすり泣く声が闻こえてくるので、とりあえずほっとしてドアの前から离れた。
  话しかけたのは一度だけだ。ドアの外から、「晩ご饭はどうする?」と寻ねてみたのだ。「あたしはいらない」と彼女はかすれた声で返事してきた。
  八时过ぎになって平介は、自分でインスタントラーメンを作り、一人で食べた。こんな时でも腹が减るという事実が、自分でも滑稽に思えた。そして、これからは料理も覚えたほうがいいなと思った。
  食事の後は风吕に入り、その後は新闻を読んだりテレビを见たりして过ごした。平介は不思议に気持ちが落ち着いているのを自覚した。肩の力が抜けているのがよくわかる。
  グラスに大きな氷を二つ入れ、その上にウイスキーを二センチほど注ぐと、それを持って寝室に行った。布団の上で胡座をかき、ウイスキーをちびちび饮みながら、彼はできるかぎり头の中を空っぽにしようと努めた。今日が特别意味のある日だとは思わないようにした。それが功を奏したのか、グラスが空になる顷には、いい具合に睡魔が忍び寄っていた。彼は明かりを消し、布団にもぐりこんだ。
  结局この夜、平介が直子の姿を见ることはなかった。食事はともかく、彼女がトイレにさえも行かないのは不思议だった。
  彼は、昔直子とデートした时のことを思い出した。まだ结婚する前だ。昼间に待ち合わせて、夜彼女の部屋の前で别れるまで、彼女は一度もトイレに行かなかった。それがたまたまではなく、いつものことなのだ。平介は、その间に最低一度はトイレに行った。映画馆のトイレだったり、レストランのトイレだったりした。もしかしたら自分が行っている间に彼女も済ませているのだろうかと思ったが、どう考えてもそれはおかしかった。ふつう一绪にトイレに入った场合、男のほうが圧倒的に早く出てくるものだからだ。
  ずいぶんと亲しくなってから、このことについて寻ねたことがある。彼女は少し照れくさそうにしながら答えを教えてくれた。それは単纯明快だった。
  「我慢してたのよ」と彼女はいったのだ。
  なぜ我慢するのかという质问にも彼女は简洁に答えた。「だって现実的すぎるでしょ」
  现実的すぎるとどうしていけないのかという疑问が依然として残ったが、平介はそれ以上は讯かないでおいた。たぶん彼女なりのルールがあるのだろうと思ったのだ。
  闇の中で平介は睑を闭じた。もしかしたら、とっくの昔に闭じていたのかもしれない。睑の里で黒い粒子が奇妙な図形を描いていた。それを见つめるうちに、ぐるりと世界が反転した。
  奇妙な目覚めだった。気がつくと目の前に天井があった。いつ睑を开いたのかもわからなかった。魂がどこかをさまよってきて、たった今、肉体に戻った――そんな感じのする目覚めだ。
  平介は身体を起こし、身震いを一つした。寒い朝だということに、この时気づいた。
  急いhttp://shanghai.ci123.com/post/172739.html
返回列表

登录用户,才可发言... 登录 注册